2010年01月23日

大阪府内の私立高専願率が7年ぶりに上昇(産経新聞)

 大阪府内の公立中学校の今春卒業見込み者のうち、府内の私立高校専願者の割合が16・55%(前年同期15・69%)と7年ぶりに上昇したことが21日、府公立中学校長会の第2回進路希望調査(14日現在)で分かった。

 昨年12月の第1回調査では13・34%と過去最低だったが、同会は「府の私立高校授業料実質無償化の支援策が保護者らに浸透した結果ではないか」と分析している。

【関連記事】
高校無償化、受験シーズン突入の私立に不安・不満
1割が授業料減免 公立高校生徒 過去最高
高校野球の特待生制度 正常化へ続く試行錯誤
大阪府が私立高校一部の授業料を無償化へ
公立高校の授業料無償化にらみ大阪府が公立高の定員増へ

松下氏が自民党入り(産経新聞)
<人事>財務省(毎日新聞)
「カルガモ走法」でETCすり抜け=計460回か、運送業者逮捕−兵庫県警(時事通信)
首相「指揮権発動は考えてない」…陸山会事件(読売新聞)
<ゆるキャラ>香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
posted by ウサミ シゲハル at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<原口総務相>「関係者によると」発言…介入意図はない(毎日新聞)

 原口一博総務相は22日の閣議後会見で、小沢一郎民主党幹事長の秘書らによる政治資金規正法違反容疑報道に絡んで、メディアが取材源を「関係者によると」と表現していることに対し「(検察、被疑者どちらの関係者かを)明確にしなければ、電波という公共のものを使ってやるにしては不適だ」と述べた発言について、「誤解を受けるような発言は避けないといけない」としながらも、「(不適切という気は)まったくない」と述べた。

 原口総務相は「取材源をオープンにしなければと言う気もないし、マスコミに介入する気も全くない」と改めて釈明。今度は「検察のリークを『検察(によると)』と書くと(検察側が記者に)『出ていけ』とするのはだめだと申し上げている。感謝されこそすれ非難されることはない」と、自身がメディアを保護しているかのように述べた。

 これに対し記者から真意を問われると、「『感謝されこそすれ』は傲慢(ごうまん)だった」と撤回した。【望月麻紀】

【関連ニュース】
鳩山首相:「起訴されないこと望む」発言を撤回
鳩山首相:「石川議員が起訴されないことを望む」
原口総務相:検察側への注文だった…「関係者」発言で弁明
土地購入事件:小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える
小沢幹事長:聴取応諾回答で、地検と日程調整へ

高見順賞に岡井、岸田の2氏(時事通信)
皇太子ご夫妻、神戸入り 震災15周年追悼式典(産経新聞)
<安保改定50周年>日本防衛は揺るぎない…米大統領が声明(毎日新聞)
助け合い誓う小6「17日のカレー」胸に抱き(読売新聞)
仙谷担当相が変節 本音は小沢氏の辞任求めたい?(産経新聞)
posted by ウサミ シゲハル at 07:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。